長い長いご報告②


もう一つのご報告は、半分プライベートに関することです。

実は、昨年の夏に入籍をいたしました。
写真修行中ということもあり、昨年は籍を入れただけで
結婚発表、同居や結婚式などは、修行明けの5月以降に行う予定でした。

主人は風景写真家の萩原俊哉と申します。

 

ですが、4月初めに急性心疾患により急逝してしまいました。

あまりにも突然のことで、しばらく悪夢のなかで生活をしておりましたが
無事四十九日も終え、たくさんの方々の温かい励ましのお言葉に支えられ
ようやく穏やかに日々を過ごすことができるようになりました。

 

まさか自分にそんなことが起こるなんて
夢にも思いませんでした。

 

ですが、今年はCOVID-19や自然災害などで、突然の悲しみに襲われる人が多いことと思います。
残された私たちは途方に暮れ、どうやって生きていったら良いものかと
深い悲しみに包まれていることと思います。

 

「なぜ生きるのか」

そんな答えのないテーマを抱えながら
与えられた命を、ただひたすら生きる。
それが命あるもの全ての宿命だと。

そのために、与えられた時間を、より暗く悲しく過ごすのではなく
より明るく輝けるように・・・

 

幸い、私たちにはたくさんの夢がありました。
主人は姿は見えなくても、すぐ側で見守っていてくれます。
だから、ふたりでひとつひとつ夢を叶えていこうと思います。

 

そして、皆さまにたくさんの優しく温かいお言葉をいただきました。
言葉というものが、これほどに人を救うものなのだと
初めて知り、嬉しさに何度も涙しました。

 

私はとても恵まれています。
心より幸せ者だと思います。

 

だから、この感謝の気持ち、ご恩をいつか返すことができるように
立派な写真家になりたいと思います。

 

主人の遺志を受け継ぎ、写真家名を「萩原れいこ」と改めさせていただきます。

今後とも、どうか温かく見守っていただけますと嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


コメントは受け付けていません