• カテゴリー別アーカイブ fun 遊び
  • 写欲の秋


    やってきました、食欲の秋・・・

    ではなく

    写欲の秋・・・

    初秋の池の彩り

    山上の湿原

    山にとってカエデ は晩秋の彩り

    霜も降りはじめました

    山上の早朝に現れた霧氷

     

    ・・・え、もう冬ジャン…(゚ω゚)

    ご無沙汰している間に、冬が来てしましました_l ̄l○lll; ゴメンナサイ

     

    令和がはじまって早半年。色々なできごとがありました。

    順次、後々ご報告できることと思いますのでよろしくお願いいたしますm(. _. )m

    あっという間に過ぎ去る日々の、美しい自然のドラマを見逃さないように

    きちんと、丁寧に撮影をしていきたいと思います。

     


  • 春がきた


    春は前を向いて歩きたくなる・・・

    長い長ーい冬を終え、新しい時代、令和を迎えました。

    冬が長い分、春のよろこびはひとしおで

    季節がちゃんと巡ることに感謝いたします。

    志賀高原の山の中で、あいかわらず亀の歩みですが頑張っおります!

    令和の玲子も、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

     

     


  • 春らんまん


    大変ご無沙汰しておりました!

    やっと冬眠から目が覚めました!ʕ•ᴥ•ʔ

    なんて・・・

     

    春の美しさに見とれて、撮影ばかりに出かけていました。

     

    まずは桜・・・

    長野県には樹齢なん百年もの立派な桜がたくさん!

    ソメイヨシノやエドヒガン、シダレサクラ、山桜など

    繊細で優しくて、堂々とした桜を堪能しました♪

    家守桜(勝手にネーミング^^)

    エドヒガン桜

    山桜

    ソメイヨシノ

    そして桜舞い散り、リレーのように花々が咲き始めました。

    オオイヌノフグリ

    水芭蕉

    ワタスゲ

    睡蓮(レンゲツツジの前ボケ)

    撮影もあっという間、そろそろ繁忙期に突入です。

    春の幸せ貯金で、がんばって夏を乗り切りたいと思います!^^*


  • 七色の冬


    寒ーい冬が来て早3ヶ月。

    すっかり志賀高原の冬に慣れてきました。

    毎朝、−5℃〜-15℃の気温。窓の外にはしばしば霧氷の景色が広がります。

    2輪駆動、沖縄ナンバーの車は、石の湯ロッジへ向かう急な坂を登れないので坂の上の駐車場でお留守番。

    駐車場に到着すると、雪かきの一仕事が待っています。

          

    撮影に出かけるときは、重い機材をもって急な坂を登ること10分。

    この時間がなかなかのトレーニング!笑

    時にはツルツルの路面にこけそうになりながら、息を切らして毎日登りました。

    うっかり撮影に夢中になって、時間に間に合わなさそうなときは

    雪の坂を走って下りるワザも身につけました^^;

     

    新調したスキーウェアや手袋もすっかりくたびれるほど!

    雪かきの道具も楽しくて♪  道路脇の雪の壁をスコップで崩して階段にし、そこからスノーシューを履いて雪面に登ります。

    今年は雪が少ないようで、雪の壁は1mほどしかありません。

    スノーシューは履きなれると楽しくて、夏には行けない林の中や池の上をお散歩しながら撮影♪

    いつもと違う視点、角度から見る風景は新鮮です!

    白一色だと思っていた雪景色は、七色だと知りました。

    青空が広がれば青色に、夕暮れ時には桃色や黄金色に染まります。

    また、雪の粒がキラキラと七色にも輝きます♪

    寒ーい冬が愛おしく感じてきた今日この頃ですが、なんだか春の気配がしてきました。

    雪原に寝そべって浴びる陽気がぽかぽか気持ちよいです^^

    もう少し待ってーー!!と、風に舞い散る霧氷に叫ぶのでした。


  • 寝ても醒めても石の湯


    遅ればせながら・・・
    昨年も大変お世話になりました!
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    みなさまの2018年のテーマは何でしょうか?
    私は相変わらず「写真」ですが、「写真の変革」をテーマにしたいと
    たった今思いました!

    今年の年末年始は仕事が本当に忙しく、クリスマスからここ最近まで
    窓の外を眺める暇なく走り回っておりました!

    寝ても醒めても石の湯ロッジ!
    外に出るのが大好きな私が約3週間引きこもり、撮影に行かずに仕事に没入する日々。
    たくさんのお客様や新しいお仕事、スタッフとの出会いは、とても貴重な日々でした。

    けれど写真が撮れないことは辛いことで、ひたすら無心で走り続けました。

    そしてようやく穏やかな日が訪れ、写真を撮りに行けるようになりました。

    久しぶりの外の世界

    まるでお腹の中から出たばかりの赤ちゃんのように、何もかもが初めて見るもののよう!
    すべてがキラキラと輝いて見えました。

    はたまた久しぶりに食べる牛丼のように、ひたすら目の前の風景を貪るように撮影しました。

    写真の修行とは一体何なのか。。。

    色々考えさせられる年末年始でした。

    *常に前向きに、全ての出来事を糧に*

     

    どうぞ本年もよろしくお願いいたします!!!