• 生きています


    寒い、寒すぎる・・・

    なんてったって沖縄生まれ。ここは長野志賀高原。

    毎日マイナス10度以下の極寒の世界である。

    冷蔵庫に入るとあたたかい!笑

    使い捨てホッカイロが冷たいぞー!

    靴下はいつも2枚履き!上着は6枚重ね!

     

    でもね、、寒いのにもだいぶ慣れました^o^/

    本当に人間ってすごいと思う!

    絶景を前にすると、寒さなんてそっちのけ!

    幸せを噛みしめてたくさん撮りました!

    写真を撮れるって、本当に幸せだと思います。

    たくさんの美しい自然の瞬間に出合えます。

    写真を撮っていなければ、極寒の早朝に出かけたり

    吹雪のなか雪原を突き進んだり

    森のなかで寝転がったり

    そんな体験をすることって、なかなかないと思います。

    自然に感謝。人々に感謝。

    今年もみなさまにとっても、良い一年となりますように*・゜゚・*:.。..。.:*・’


  • へそ曲がりの秋


    山深い志賀高原ではすっかり紅葉も終わり、山もゆっくりと冬仕度をしているようです。

    志賀高原の秋の始まりは9月末

    標高2000mのあたりから色づき始め

    10月末には標高1300mあたりが見頃になります。

    最初に真っ赤なうるしが色づき、池の湖畔を彩りました。

    白樺の葉も一枚一枚、次々と色づき

    次々と葉を落としていきます。

     

    だけど…

    錦秋より晩秋が好き!

    金よりいぶし銀が好き!

    誰がなんと言っても枯れススキが好きだー!

     

    そんなへそ曲がりが好きな季節も過ぎていき…

    氷点下の氷の世界にいよいよ突入です

     

    南国生まれの寒がりが、今年も無事冬を越せるのか…

    つづく!!

    (*`<´)・:∴ ヘーックシ!!


  • 春らんまん


    大変ご無沙汰しておりました!

    やっと冬眠から目が覚めました!ʕ•ᴥ•ʔ

    なんて・・・

     

    春の美しさに見とれて、撮影ばかりに出かけていました。

     

    まずは桜・・・

    長野県には樹齢なん百年もの立派な桜がたくさん!

    ソメイヨシノやエドヒガン、シダレサクラ、山桜など

    繊細で優しくて、堂々とした桜を堪能しました♪

    家守桜(勝手にネーミング^^)

    エドヒガン桜

    山桜

    ソメイヨシノ

    そして桜舞い散り、リレーのように花々が咲き始めました。

    オオイヌノフグリ

    水芭蕉

    ワタスゲ

    睡蓮(レンゲツツジの前ボケ)

    撮影もあっという間、そろそろ繁忙期に突入です。

    春の幸せ貯金で、がんばって夏を乗り切りたいと思います!^^*


  • 春の雪


    なんてタイトルをつけたけど、まだまだ冬の志賀高原!

    でも、春の兆しが嬉しくて、冬眠していた動物たちのわくわくした気持ちを感じるようです。

    空の散歩  霧氷の上をお散歩する雲

    ぬくもり  放射熱で周りの雪が溶けた小枝

    訪れ  池も少しずつ氷が溶けてきました

    ミルクアイス  雪面もゆるんでいます

    この写真たちをみて春の兆しを感じたら、なかなかの雪国通ではないでしょうか?笑

    こちらは屋根から落ちる雪をスマホで激写!

    屋根に積もった雪が雨漏りして大変だったのですが、ようやく落ち着いてきました〜

    なーんてホッとしたのも束の間、また今日は雪が降っています。

    でも春の雪

    ああ、春の雪

    はらはらと舞う細雪は繊細で美しくて、手のひらですぐ溶ける刹那さがなんともいえなくて

    こんなにも春が恋しいのも、きっと厳しい冬を乗り越えたから

    人間含め動物たちへの神様からのご褒美なのかしら

    なんてことを思うのでした🌸

     

    最後に・・・

    YouTubeデビューをしました笑

    冬のご挨拶です ^ ^


  • 七色の冬


    寒ーい冬が来て早3ヶ月。

    すっかり志賀高原の冬に慣れてきました。

    毎朝、−5℃〜-15℃の気温。窓の外にはしばしば霧氷の景色が広がります。

    2輪駆動、沖縄ナンバーの車は、石の湯ロッジへ向かう急な坂を登れないので坂の上の駐車場でお留守番。

    駐車場に到着すると、雪かきの一仕事が待っています。

          

    撮影に出かけるときは、重い機材をもって急な坂を登ること10分。

    この時間がなかなかのトレーニング!笑

    時にはツルツルの路面にこけそうになりながら、息を切らして毎日登りました。

    うっかり撮影に夢中になって、時間に間に合わなさそうなときは

    雪の坂を走って下りるワザも身につけました^^;

     

    新調したスキーウェアや手袋もすっかりくたびれるほど!

    雪かきの道具も楽しくて♪  道路脇の雪の壁をスコップで崩して階段にし、そこからスノーシューを履いて雪面に登ります。

    今年は雪が少ないようで、雪の壁は1mほどしかありません。

    スノーシューは履きなれると楽しくて、夏には行けない林の中や池の上をお散歩しながら撮影♪

    いつもと違う視点、角度から見る風景は新鮮です!

    白一色だと思っていた雪景色は、七色だと知りました。

    青空が広がれば青色に、夕暮れ時には桃色や黄金色に染まります。

    また、雪の粒がキラキラと七色にも輝きます♪

    寒ーい冬が愛おしく感じてきた今日この頃ですが、なんだか春の気配がしてきました。

    雪原に寝そべって浴びる陽気がぽかぽか気持ちよいです^^

    もう少し待ってーー!!と、風に舞い散る霧氷に叫ぶのでした。